2015年3月15日日曜日

仕事で使えるマインドマップ基礎ワークショップに行ってきた!

先月の話ですが、仕事で使える『マインドマップ』基礎ワークショップ(平日2回講座2/18 ・ 2/25) at Co-Edoに行ってきました。



マインドマップ、過去にチャレンジしたけど挫折しました。。今日はがんばるぞー。

先生よろしくお願いします!

まずはアイスブレイク!自己紹介しつつ、ほぐします。

発想力鍛えるツールってあんまり聞かないよね。

実は色々あるよ。

先生のマインドマップとの出会い。2年で2000枚ですよ、やっぱり書き続けないと身につかないですよね。

ちなみに、マインドマップで課題解決は向きません。

ここから脳の話が始まる。
左脳と右脳でどんなイメージか書いて、共有してみる。

ちなみに、平日に左脳ばっかり使ってると、休日には右脳使うとか。

ゲシュタルト機能。隙間があると本能的に埋めたくなる機能、これ大事。
あと3色以上で書きましょう。

目を閉じて、「瓶ビール」って想像して文字が浮かび上がる人もいるとのこと。左脳がつよいのね。

ここからさらに脳の話で、絵や色で関連付けて記憶すると覚えやすいとのこと。

ちなみに、右脳の強い人がプレゼン資料をつくるときは、発表シーンから逆算してつくるんだって。ほー。

じゃあみんなでやってみよう。
「りんご」を発想してみる。いくつかけたかな?
(あ、時間制限あったのですが、どのぐらいかわすれました)
ちなみに、なかやまは10個でした。
他の人と共有すると、色やブランド、物語(白雪姫とか)、アダムとイブとか、違う引き出しがあって面白かった。今、自分の引き出しにも入れたので、次はスムーズにでてくるはず!


マインドマップで別の枝(ブランチ)を作るときに、発想の飛び地を作る練習をしよう。
時間制限して、1分で10個のアイデアを出すトレーニング。

マインドマップとりあえずつかっていこーぜ!

マインドマップの特性。

マインドマップの使い所。

マインドマップって2種類あるんだぜ。
みんなの知ってるのはフルマップと言います。

まず、ミニマップにチャレンジ。
中央から10本の枝が伸びてるので、そこを1分かけて書き出す。
次の3分で、2段目の枝を書ききる!

そして自分のミニマップを他の人に説明してみる。

マインドマップのツールこんなのあるよ。

ミニマップやったら、次にフルマップ。
時間制限して交互にやると、発想・アイデアが広がるよう。

ここからは2日目のお話。
「どっちがキキでどっちがブーブでしょうか?」
単純な線だけど、なんとなくどっちかわかる。
マインドマップには絵も必要、得意なアイコン作れると便利だね。

2日目はフルマインドマップ書くよ!
A4用紙で3色以上つかってみよう、色に意味付けると一覧性がまします。
あと言葉は単語で書くこと。そしてリラックスしよう!
(マインドマップ書くときに、リラックス音楽がながれてて、めちゃめちゃ集中して書くことができました!)

お題は関ヶ原の戦い。
セントラルイメージもちゃんと書いてみよう。

コツ。
くぼんだところに書いてみる。
枝と文字は隙間はあけないように。
あと、端まで書いた枝は折り返してみよう。

最後にうまくつかえるようになるまで時間はかかるよ。(100枚など)
うまく日常に取り込むことが大事かと。

2日目のワークで作ったフルマップ。

自己紹介のフルマップ。

あとお家に帰って書いてみたやつ。
Heroku本をみながら書いてみる。セントラルイメージ、あんまり考えてませんでした。

Git本みながら書いてみる。
ちょっと線もノリノリになってきたぞ。

最初の枝を太く丁寧に書くと、しっかりした線になりますね。
焦らず、リラックスして。


・スライド




家にある本を見返したらちゃんとミニマップのこと書いてあったorz

0 件のコメント:

コメントを投稿