2015年1月20日火曜日

Heroku Meetup #13 新年会にいってきた!

Heroku meetupに行ってきました。なんと1年ぶりでした。


受付で名刺といわれ、慌てて探す。
エレベータの乗り換えがあって、どこで乗り換えて何階にいくか覚えてなかったので、前の人についていく作戦。

会場ひろかった!

すでに新入社員の紹介が終わって、
相澤さんのHeroku update話。

こんな感じ。

「大企業でも、小さく始めるためにHerokuを導入してみた」奥村さん。
猫が好きです。

今まで社内でたくさんアプリをつくってきた!
小さくはじめたお話をするよ。

開発もっと楽したいよね。
社内の開発かんきょうがネックでした。(申請しないといけない、自由度がない)

そこでHerokuを選んだ理由!
開発に集中できるんです。

ステージングの運用が楽なの。

スケール管理もうまくいくし。

なんたってデプロイまでの道が短い!

環境に精通しなくてもOK!

サービスを作るときに、
まず作る人をあつめて、作ることだけに集中できる。

それでも作ってるとチューニングしたくなる。そんなときにインフラエンジニアが欲しくなります。

「シャトルバスとHerokuをつなぐ、IoTサービス実践事例」大橋さん。

12/4のSalesforce World Tour Tokyoでのバス送迎の運用情報サービスの話。
(あ、当者じゃなくて、当日のみです)

会場のディスプレイでみれます。
あと、スマホのアプリ内でもみれます。
移動中のバスを選ぶと、今の速度とか情報もみれます。

どうやってつないだの?

たくさん動作確認しました。

TCPじゃなくて、UDPでデータ送ったり。
テキストで送るとデバイスに負荷かかるので、バイナリで送ったり。

位置情報だけでバスを表示すると、カクカクした動きになるので、
そこはアニメーションでにょろにょろ移動するようにしました。
演出大事。

当日、アクセス集中!でも落ちなかったよ!

デバイス側の人とコミュニケーションとっていこう!

Herokuはアイデアのクイック&トライにはいいプラットフォームです!



会場を移動して、もぐもぐしながらLT。

お話してくださった方々。



0 件のコメント:

コメントを投稿